朝活生活でがっちりマンデー

人に形せしめて我に形無し(情報と対情報を完璧に行えばこうなる)|6月1日

Release: 2020/06/02 Update: 2020/06/08

人に形せしめて我に形無し(情報と対情報を完璧に行えばこうなる)

「故形人而我無形」のあとに続く言葉は「則我専而敵分=我は専(あつ)まりて敵は分かる」である。人に形せしめるとは、敵の態勢や配備の状態を偵察などによってよくつかんでという意味である。こういう状態になれば「我は集中(専まる)、敵は分散(分かる)」となるので、弱者の戦術つまり各個撃破が可能となる。
だがこれは大変なことである。よほど部隊の訓練ができていて、そのうえ指揮官が積極的で采配もよくなければうまくいかない、筆者はこれができる敵にあったことがある。朝日を背にし、十分に偽装して、我を待ち構えていたため、こちらからはみえないのに、敵弾は正確にくる。人に形させて我に形なしの敵だ。ビジネスでも相手の動きを遂一しっているような企業は、他の面でもしっかりしている。「人に形させて我に形なし」は、日本人ビジネスマンの合言葉にしてもよいスローガンだ。

6月2日、孫子一日一言の言葉です。

おはようございます。

これが敵だとそうとう恐ろしことですね。

ゲリラ戦の極めつけのような言葉です。

相手のことは見えていて相手はこちらが見えない。

ベトナム戦争の戦い方はこういうことだったんでしょうね。

目的意識がはっきりしていて統率がしっかりとれている状態が思い浮かびます。

人に形させて我に形なし。

合言葉にします。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください