朝活生活でがっちりマンデー

一眼レフとミラーレスの違い

Release: 2020/04/24 Update: 2020/04/26

中古のデジタルカメラの選び方として、知っておいてほしいのが、「一眼レフ」と「ミラーレス」の違いです。
この2つの違いは、ファインダーの形式とミラーの有無にあります。
一眼レフカメラは、デジタルカメラの中にある「レフ」という鏡に、レンズに写った景色を「光学ファインダー」に反射させて、画像として映し出します。
レンズに通った光がファインダーに直接届くので、撮りたいと思った時にシャッターを切ることができます。
スポーツ観戦や子どもの学校行事、電車や動物など、動きの多い被写体を撮る時におすすめです。
一方、ミラーレスカメラには鏡がなく、その代わりに、レンズに写った景色を映像に変換して液晶画面に映し出すので、撮影する前に明るさや色を確認することができます。
初心者の方や気軽に写真を撮りたいという方に人気があります。
デジタルカメラの選び方として重さもポイントですが、一眼レフとミラーレスの構造の違いによって、重さや大きさなどに差が生じます。
中古のカメラを選ぶ際は、撮りたい被写体や撮影時間を考えて、一眼レフにするかミラーレスにするか選びましょう。
それでは、一眼レフカメラとミラーレスカメラを選ぶポイントを詳しく見ていきます。
・一眼レフ
一眼レフカメラは、動きの多い被写体を撮る場合におすすめです。
レンズがとらえた画像とファインダーにタイムラグがほとんど生じないので、「ここを撮りたい!」と思った瞬間を残すことができます。
また、思い通りにシャッターを切るために機能性に優れていたり、操作しやすかったりする傾向があります。
一眼レフ用の交換レンズも充実しており、多様な写真を撮ることができます。
しかし、カメラの中に鏡を内蔵しているので、ミラーレスに比べて大きくて重たくなります。
ただ、重量がある分、撮影する際に安定性があり集中できることもあります。
さらに、一眼レフカメラはバッテリーの持ちが良いというメリットもあるので、長時間撮影する場合は一眼レフカメラがおすすめです。
・ミラーレス
ミラーレスカメラはコンパクトで軽量なので、旅行や普段使いなど、持ち運びに便利なのが大きなメリットです。
また、撮影前の段階で、モニターで写真の出来上がりをイメージすることができるので、カメラに慣れていない初心者の方におすすめです。
中には、タッチパネルを使って、直感的に操作できるモデルもあります。
また、デザインがおしゃれなモデルも多く、フィルター機能が搭載されているものもあるので、女性からの人気も高いです。
さらに、カメラアクセサリーも豊富に揃っており、「カメラもおしゃれにしたい」という方におすすめです。
ただ、バッテリーの持ちは良くないので、予備のバッテリーを用意した方が良いでしょう。

HOME


関連コンテンツ