朝活生活でがっちりマンデー

中古モデルのカメラがおすすめの人

Release: 2020/04/24 Update: 2020/04/26

デジタルカメラを購入する際に、最新モデルのカメラが良いか、中古モデルが良いか、迷ってしまう方も多いでしょう。
ここでは、中古モデルのデジタルカメラがおすすめの人について取り上げます。
最新モデルと比べながら、デジタルカメラの選び方として参考にしてみてください。
・カメラ初心者で操作に慣れていない人
初心者でカメラの操作に慣れていない場合は、中古カメラの方が使いやすいと思います。
最新モデルのデジタルカメラは、専門的な機能を搭載していることが多く、初心者ではその性能を理解するのが難しい場合があります。
カメラの使い方に慣れるまでは、中古のカメラで基本的な機能を使えるようにすると、最新モデルを購入する時に、新しい機能もスムーズに使えるようになるでしょう。
・撮影テクニックを学びたい人
中古のカメラは、カメラの撮影テクニックを本格的に磨きたい人にもおすすめです。
好きなカメラマンがいれば、そのカメラマンが使っているカメラを模倣するのも練習になりますし、モチベーションも上がります。
憧れのカメラマンが最新モデルを使っていることもありますが、1台のカメラを長年愛用している場合は、中古から調べてみると良いでしょう。
・過去に使っていたカメラを探している人
「昔使っていたカメラをもう一度使いたい」という人もいるでしょう。
カメラは発売から数年経過すると、生産中止となることが多いので、過去のモデルを再び購入したいと思っても、なかなか手に入らないかもしれません。
ただ、中古市場は、生産終了になったモデルでも取り扱っていることがあるので、懐かしいカメラと再会できる可能性があります。
・サブ機のカメラを探している人
メインで使うカメラとは別に、サブ機として使うカメラを探している人もいるでしょう。
中古モデルのカメラには、GPS機能が搭載されたものや、シャッター音が気にならないものなど、使い勝手の良いモデルもたくさんあります。
メイン機はオールラウンドで使える最新モデルのカメラを使い、サブ機には特別な状況にも対応する性能の中古モデルを使うなど、状況によって使い分けができます。
サブ機の選び方として、使用頻度はそれほど多くないけど、機能や性能が使いやすいモデルや限られた状況に対応するモデルを探している場合は、中古モデルのカメラをチェックしてみると良いでしょう。

HOME


関連コンテンツ