朝活生活でがっちりマンデー

分合を以て変を為す(チャンスを作りだせ)|7月3日

Release: 2020/07/03 Update: 2020/07/14

分合を以て変を為す(チャンスを作りだせ)

最近の日本は、企業人の思惑を超えた不況激変がつづいている。企業は、その激変に適応するリストラで四苦八苦している。新事業の成否は、一般にその事業の収益見込み、市場のスピード、他社との競争条件など事業そのものの「魅力度」と、企業内にその事情を手がけるにふさわしいヒト、モノ、カネ、それに情報の経営資源がそのくらいあるかという「適合性」とのバランスできまる。したがって事業の選択の判断を適切にし、実行することはチャンスを作り出すことである。
この点ではリストラはチャンスを作りだすことである。孫子は用兵の大原則を「兵は詐以て立ち、利を以て動き、分合を以て変をなす」という。この最後の分合を以て変をなすとは、兵力の分散や集合を上手にして戦機を作りだし、勝利を獲得せよということだ。企業でいえばよいと判断してきめた新しい事業に、適切にヒト、モノ、カネを集中して利益をあげるということである。

7月3日、孫子一日一言の言葉です。

おはようございます。

実に興味深い話です。

リストラというか人員の整理は「分合を以て変を為す」ことになる。

国がどんなに雇用を維持してほしいと助成金をだしてもビジネスの変革に対応できなければしかたのないことです。

変を為すことが勝利につながる。

たしかにと感じます。

常に考える思考が必要ですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください